2023年6月16日金曜日

「雑がみポン」活動が始まりました。

 6月16日より「雑がみポン」の活動を始めました。

 この活動は燃やすごみの中に資源となりうる紙が多く、燃やせばただCO2の排出となってしまうものが紙資源として活用すれば段ボールや厚紙などの紙の原料になることから積極的に推進できることから、家庭や様々な施設で使われているカレンダーやポスターで「雑がみ袋」を子どもたちや親に作ってもらい、雑がみに興味を持ってもらう活動です。

 今後、リサイクルセンターの見学に来る小学生や保育所や幼稚園で子どもたちに分かりやすい解説と「雑がみ袋」作りを指導しながら子どもから親へ雑がみ回収活動を進めてゆきます。




1月28日狭山台公民館で子ども環境教室が開催されました。

 1月28日(日)10時~12時 狭山台公民館で「こども環境教室廃材を利用したおもちゃ作り」が開催されました。 開会に先立ち公民館長から趣旨やさや環メンバーの紹介があり、雑がみ袋づくりの大貫さんから雑がみのカレンダーやポスターを使って雑がみを回収する袋のつくり方を学びました。  ...