2022年10月30日日曜日

秋のひまわりが楽しめます。

 8月24日にまいたヒマワリの種が10月30日現在満開です。66日目

場所は奥富のリサイクルプラザとローソンのほぼ中間です。

10月26日(水)62日目ほぼ満開になりました。

10月22日(土)58日目ほぼ咲きそろいましたがまだ花は小柄です

10月18日(火)54日目 ぱらぱら先始めました。
10月3日(月)40日目 かなり成長してつぼみをつけ始めました。

9月12日(月)19日目

9月4日(日)11日目 双葉から新しい葉が成長しました。

8月24日 整地して種まきを始めます。



ことぶきファームの畑地をお借りして、鶏糞と石灰を撒いて耕運機で耕しました。


黒帯で作る壁掛けのリサイクル講座が開かれました。

リサイクルプラザでは10月26日と11月2日の二日間にわたる体験講座が行われ、二人の方が黒帯を活用した体験講座を受講しました。
大貫講師の指導により、黒帯をリユースして見事な花火模様を縫い付けた素晴らしい作品が出来上がりました。



2022年10月16日日曜日

12月4日ネイチャークラフトが開催されました。

12月4日(日)奥富公民館でネイチャークラフトが開催され小学生12名が参加しました。
館長さんから「今日は、木っ端や松ぼっくり、どんぐりなど自然のものを使って世界で一つしかない楽しいものを作りましょう」と説明を受け、さや環の神津さんや小杉さんに工作の仕方や、けがをしない方法を教わりました。


やがて、傑作がどんどん作られました。
みんなで作品を発表しました

【以下、子供たちの感想】
・すごく楽しかった。家ではなかなかできないので良かった。・時間が長かった。次は絵をやりたい。・時間が少し長かった。次はもう少し自由なものが良い。
・物を作るのが好きだから楽しかった。・最初は何を作ろうと思っていたけど、動物が思いついてペンギンを作りました。僕は工作が前から好きだったので参加しました。またやりたいです。・イスなどを作りたい。・作るのが楽しかった。
・自分が好きなものを沢山作れて楽しかった。他にも色々作ってみたい。またやりたいです。すごく楽しかったです。・とても楽しかった。次もこのように自分の好きなものを作れる講座がいいと思う。木工が楽しかった。・楽しかった。今度は公民館で料理したい。・色々な物や材料、器具などを使えてとても良かった。また参加したい。・木やどんぐりを使って工作することが初めてで楽しかったです。またやりたいです。







 


2022年10月10日月曜日

環境ウォーク2022が11月27日(日)に開催されました。

 環境ウォーク2022を11月27日(日)8時30分 狭山市駅西口広場に集合

し、46人がイベントに参加しました。

一般・会員等  25名

さや環スタッフ 13名

歴史ガイドの会 4名

看護師     1名

マッサージ師  3名


朝はまずストレッチから

9時に出発し、狭山八幡神社に行きました。新田義貞が鎌倉攻めの際に立ち寄って戦勝祈願したと伝わっています。


2022年、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも取り上げられた木曽義仲の嫡男「源義高」の霊を弔うために北条政子が作ったと伝わる清水八幡宮に寄り、説明を受けた。


入間川左岸を歩き、川の起源や昭和の中頃まで入間川は生活に必要な場であったり、あらゆる多様な生き物にとっても生活の場だった。また憩いの場所でもあった。
最近のプラスチックごみによる汚れ状況を教えてもらう。プラごみの回収も行われ、汚れ具合を体験しました。
    

更に上流に向かい、広瀬神社に向かった。ここはたくさん歴史の痕跡があり、大ケヤキは平安時代からこの地を眺めてきた。


広瀬の住宅街を歩いて影隠し地蔵に進む、清水冠者源義高が一度は逃げてかつてあった地蔵堂に隠れたと広瀬地区に800年以上語り伝えられている。


信濃坂を上ると今宿遺跡がある。縄文時代から平安、鎌倉時代まで生活の痕跡があったと云われている。この竪穴式住居はより正確な形で立て直される。


更に北上すると智光山公園に向かう。智光山公園では深刻なナラ枯れ問題の実体を教えてもらった。これはナラ科の古木がカシノナガキクイムシによって媒介されるナラ菌によって枯れる現象で、これが今、全国的に拡がっている。
最後に完歩証と野菜をもらって解散した。








11月21日及び25日七宝まり作り教室が開催されました。

七宝まり作り教室が開催されました。

11月21日(金)9時30分~12時30分 リサイクルプラザ4F自由工房

11月25日(金)9時30分~12時30分 リサイクルプラザ4F自由工房

両日とも参加者は5人




申込先 リサイクルプラザ 狭山市上奥富897-1

体験教室申込 04-2968-1323

11月8日LIGHT DOWN IN SAYAMAを開催されました。

 11月8日18時~19時30分入曽多目的広場で

LIGHT DOWN IN SAYAMAが開催され。参加者の皆さんは家の照明やエアコンを消して皆既月食の観察に来てくれました。参加者45名 スタッフを入れると総勢60名がこの天体ショーを楽しみました。

中央児童館の久米先生による皆既月食の説明があり、4人ボランティアさんが持ち込んでくれた高性能の望遠鏡で月が地球の影に隠れる様子を観察しました。

とても良く分かりました。

合わせて月の左下方には天王星が観察されました。まもなく月の影に隠れる貴重な瞬間を共有することができました。







主催 げんキッズ

   入曽地域交流センター 04-2957-6615

協力 中央児童館、NPO法人さやま環境市民ネットワーク



2022年10月9日日曜日

10月26日入間川と城山砦跡を歩きました。


 10月26日(水)8:45 快晴

下奥富河川敷公園駐車場に市民9名が集合して入間川と城山砦跡を歩きました。(中央公民館・柏原公民館共催)

さや環の皆川理事の案内で入間川の豊かな自然を楽しみました。

狭山大橋では雪に覆われた富士山を望む事ができました。

橋の欄干から入間川中流域の特徴を聞きました。 柏原付近は1/250の傾斜(250mに1m下がる)なのでそれにあった生態系があるのだそうです。
柏原の城山砦では狭山歴史クラブの井口さんから説明がありました。


登り口はもともとたての空堀なので敵の侵入を防ぐためなのだそうで登り易いものではないようです。またこの砦は畠山重忠の家臣で柏原太郎が入間川にせり立ったこの地を選んで作ったのだそうです。

一番広い本廓では展望が開け敵の動きが良く分かるようになっていますが、木が生い茂っていました。

再び入間川の河原付近に戻っ良く観察するとプラスチックごみが多いことに気づかされます。これらはやがて川の流れにもまれるうちに微細になり、生態系に異常を引き起こすことになります。




さやか61号が10月10日に発行されました。

さやか61号を6月10日に発行しました。
下の画像をクリックすると全文がお読みいただけます(PDFファイル)。


 

環境パネル展が開催されました。

 10月3日(月)~10月7日(金)市役所エントランスホールで環境展示が行われました。

正面にPRビデオが設置されさや環全体の活動が映像で分かり易くなりました。


さや環の活動に関心をもってくれた市民。


さや環全体のパネルはSDGs、環境大臣賞の表彰盾、4分科会の要約が展示されました。








カヌー体験が開催されました

 10月1日(土)快晴の中、コロナ過で中止をしていた、入間川地区健全育成のカヌー体験を3年ぶり実施しました。

対象は地区内の小学校高学年で、入間川東小20名、冨士見小10名、入間川小12名計42名が参加しました。

今回は蒸気船も出航し、晴天の中入間川の魅力を堪能しました。



2022年10月2日日曜日

電気自動車セミナーが開催されました。

10月1日(土)10時からレストランニックスの2Fで電気自動車セミナーが開催され40名が参加しました。
小谷野市長から「狭山市は近隣5市とゼロカーボンシティー宣言をしており、電気自動車の普及活動はその一つです。」また「狭山市は電気自動車購入者に10万円を支給しています」と電気自動車の普及を是非進めましょうと祝辞を頂きました。

司会者より近隣で最も電気自動車に詳しい(有)アイ電気社長の吉田徹弥氏が紹介され、セミナーが開催されました。

セミナーでは電気自動車が単に内燃機関をモーターに置き換えたものではないこと、家庭の電気でも充電できること、東電の電気の80%が化石燃料によるものだがガソリン費用に比べ電気代が圧倒的に安いなどのメリットが語られました。この後埼玉ニッサンからも電気自動車の話がされ、電気自動車の市場が行われました。参加者は40名




3月12日シイタケのコマ打ちとシイタケ狩りを開催します。

3月12日(日)シイタケのコマ打ちとシイタケ狩りをトラスト9号地で開催します。堀兼公民館と狭山台公民館、さや環共催で開催します。 https://greentrust-sayama9.jimdofree.com/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%...