2023年6月15日木曜日

入間川小学校の環境学習支援が始まりました

 6月15日(木)入間川小学校の5年生77名が近くを流れる入間川の自然について学びました。

この事業は入間川の河原の岩石の話(久津間先生)、河川敷の草花の話(福山先生)、野鳥の話(津森先生)から聞くもので、入間川小学校ならではの授業です。最初にさや環の皆川さんから入間川の話を聞き三つのグループに分かれて順番に話を聞きました。

入間川の岩石は飯能の山奥から来ています。そしてその昔は海にいた巻貝などが固まって岩石になったチャートが大半だそうです。

耳をすますと小鳥の聲が聞こえてきます。入間川に棲む小魚などの小さな生き物を求めて実にたくさんの鳥を観察することができます。

今まさにネジバナが群生していますと福山先生が草花を説明しています。
            ネジバナ





1月28日狭山台公民館で子ども環境教室が開催されました。

 1月28日(日)10時~12時 狭山台公民館で「こども環境教室廃材を利用したおもちゃ作り」が開催されました。 開会に先立ち公民館長から趣旨やさや環メンバーの紹介があり、雑がみ袋づくりの大貫さんから雑がみのカレンダーやポスターを使って雑がみを回収する袋のつくり方を学びました。  ...