2014年12月4日木曜日

「森の散策とクラフト体験会」が開催されました。

11月29日(土) 9時30分から「堀兼・赤坂の森公園、研修室」で、子供と大人、合わせて18人が参加して行われました。

始めに堀兼公民館の服部副館長から挨拶、講師の小川さんからは、今日の体験会の概略説明があり、そのあと、いよいよ紅葉真っ盛りの「緑のトララスト狭山」へ散策に出発!森(平地林)から見る短冊型の畑地とその向うに連なる屋敷林の説明を受け、40分程で研修室に戻りました。

木の実、草の実、小枝を手にして懸命に何かを作っている子供達の「目」は、本当にやさしい目になっていました。同じ子供達でもゲーム機に没頭している姿をみると「今度クラフト体験会に参加してごらん!」と声を掛けたくなります。





研修室では、ドングリなどの木の実、草の実、木の台座や小枝や松ボックリ等々を積み上げたり、組み合わせたりと子供達の創作が始まりました。

11月初めにも、地元「水野の森里山の会」で子供会と一緒にクラフト作りを行いましたが、その時の沢山の完成作品を見て、「こんな発想はどこから出て来るのだろう」と感嘆しました。子供達の創作の夢は限りなく大きい。



今回のような「クラフト体験会」は、1人ひとり子供の心に刻んだ思い出となり、それは、子供達の「生涯の宝」になると確信しました。

 この催しは、堀兼公民館、NPOさや環、環境課、社会教育課の共催、緑のトラスト狭山の協力で開催されました。               (緑の分科会 中島 功)

12月1日広瀬公民館で環境講座が開かれました

12月1日(金)14時から16時 広瀬公民館の寿大学で環境講座が開かれました。 冬に向けた住まいの省エネ術を北川さんが講演しました。 日本の住まいは先進各国に比べ、省エネ基準がとても甘く健康にも悪いことが分りました。その中で冷気の入る窓や窓枠に工夫するとかなり省エネされ電気代の負...