2014年10月22日水曜日

環境講座「狭山市のごみの現状とリサイクル」

10月24日(金)10:00~11:30 奥冨環境センター(リサイクルプラザ)会議室で行われました。

託児所があるので30名募集のところ若いお母さん方参加が増え40名の市民が集まりました。

大谷所長さんからゴミの現状を教えて頂きました。
まず4Rをしっかりおぼえましょう。

  • Refuse(リフューズ; ごみになるものを断りましょう)
  • Reduce(リデュース; ごみの減量を考えましょう)
  • Reuse(リユース; 再利用を考えましょう)
  • Recycle(リサイクル; 資源の分別を考えましょう)

特にリフューズやリデュースの大切さを理解してください。

それでも狭山市からでるゴミは1日126㌧
そのうち72%が燃やすごみです。

生ごみの80%は水分です。1年間に9100㌧が水分がでます。
この水を水蒸気にしてなくすために莫大なエネルギーが必要です。
生ごみ中の水分は環境負荷になります。
是非、生ごみは捨てる前にひと絞りしてください。

この後、大谷所長さんの案内で所内を回りました。


4Rの図解説明やゴミを焼却炉に投入する工程を見学しました。

1月28日狭山台公民館で子ども環境教室が開催されました。

 1月28日(日)10時~12時 狭山台公民館で「こども環境教室廃材を利用したおもちゃ作り」が開催されました。 開会に先立ち公民館長から趣旨やさや環メンバーの紹介があり、雑がみ袋づくりの大貫さんから雑がみのカレンダーやポスターを使って雑がみを回収する袋のつくり方を学びました。  ...